2015年6月29日月曜日

制作 チコリの妖精- 2

毎日暑い日が続きますね。早くも夏バテになりそう....
今夜はチコリの妖精を仕上げましょう!


チコリの妖精を組み立てて行きます。



茎が細いので裏にワイヤーを貼っておいたので枝の空間に
糊を置かなくても済みます。
枝との空気感がよくでます。
花びらも同じようにしました。

やっぱりかわいい〜!

2015年6月27日土曜日

制作  チコリの妖精- 1

花をモチーフにしたシャドウボックス作品を書籍に掲載する企画を担当することになってしまった
お話はいぜん致しました。
そうなんです。
掲載用に新作を作るんです!

書籍掲載の許可を頂いたフラワーフェアリーシリーズから
マリーゴールドに続きチコリの妖精をつくります。
仕上げは1週間、猛烈にこの所,制作をしているわけです。


ブルー色がなんとも清々しくて選びました。


パーツをどんどんクラフトナイフを使いカットしていきます。急いでいても雑に切ったりしてはいけないので気を付けながらサクサク切っていきます。
毎日毎日カットしてるので技術も上がります(当たり前ですね)カットした遮断面を整え、絵の色とにた色を塗りパーツを仕上げます。


お花、枝の裏はワイヤーを貼り補強します。
この作業をしておくと組み立ての時最低限の糊付けで済みます。この辺りも手間を押しまず.......
頑張っています。

2015年6月15日月曜日

制作 マリーゴールドの妖精


フラワーフェアリーシリーズから
マリーゴールドの妖精を作ります。


黄色とオレンジのマリーゴールドの間にちょこんとお座りする妖精がとても愛らしい絵ですね。
 8.5cmX12cmと小さいサイズ。


絵をどんどんカットしていきます。
枝の裏にはワイヤを貼り補強していきます。


高さを付けながら元絵の奥にあたる部分を積み重ねていきます。
少し高さをつけるだけで立体感が出てきます。


ガーベラのデコレーション(Decoration)
花びらの空間も意識して重ねます。


どうでしょうか?
高さは3cmくらいで収めてました。
枠からお花が飛び出している絵。
額入れはどうしたら良いのかな?なんだかイメージがつきません。ビタミンカラーで元気を貰えそうな
仕上がりになりました。