2013年11月26日火曜日

クリスマスツリーを作りましょう

東京はまだ暖かくて、クリスマスの準備にはまだ早いかな?
冬という実感にならないこの頃です。

お花屋さんでツリー用のもみの木が店先に並んでるのを見ると
やっぱりそろそろ飾ってみようかなと思いました。


近所の雑貨屋さんで買い求めた品々。
小さいけとツリー用の木(高さ30センチ)
寝そべった小人が可愛い置き物
オーナメントになりそうな小物


これクリスマスカード!
ニットで編まれているモチーフが気に入りました。
オーナメントにしたらどうかな?


ツリーといえばもみの木ですけど今年は『ボールバード』という木にしました。
もみの木より葉がもったりと丸みを帯びています。
柔らかそうなんですがしっかりとした木です。
お花屋さんいわく
「丈夫な木なので枯れません!」

12月いっぱいは元気でいてくれないとね。

思った通り可愛いツリーとなりました。



2013年11月22日金曜日

冬のイルミネーション  - 恵比寿ガーデンプレイス-

時計広場

恵比寿ガーデンプレイスの『クリスマスプレイス』が今年も始まりました。

六本木ヒルズけや木坂、ミッドタウン、丸の内とイルミネーションが
綺麗ですけど、この恵比寿ガーデンプレイスもなかなかのものです。

坂道からのクリスマスツリー

並木道をライトアップしているのも素敵ですけど、この奥にはなんと

”Baccarat ETERNAL LIGHTS”
-歓びのかたち- 

バカラのシャンデリアが!


これ世界最大級のバカラシャンデリア。
高さ5m、幅3m, 8,472ピースのクリスタルパーツ、ライト総数250灯が作り出す輝きは
それはそれは綺麗。


バカラクリスタルの繊細なカットから光輝くシャンデリアはまるでお星様が
降ってきたように美しいです。
これは必見ですよ~。

恵比寿にお立ち寄りの方はちょっとお散歩がてら行ってみたらいかがでしょうか。

2013年11月3日日曜日

先生の作品(個人の部)-Shaddow box Art Exhibition in Japan 2013-

Shadow box Art展が大盛況のうちに終了しました。
もう一週間も過ぎているのにもかかわらず、まだ開催中のような気がします。
私、Chiekoは初出展いたしましたが、自分が気後れしそうなくらい
他の先生がたの作品が素晴らしくて、大変素晴らしい経験をさせて貰いました。
 
YUCCAチームの作品を前回は紹介いたしましたが、
今日は個人の部でご参加なさった先生の作品を紹介します。
145展すべてはご紹介できなくてすみません。
 
 
 
竹歳先生の作品 アトリエデクベ
 
Chiekoが所属している、シャドーボックス教会で大変お世話になっている
先生です。とても繊細にそして、優しい表現は先生のお人柄と思います。
 
 
+
小野先生の作品 Art Saudio "ARIES K"

 
この作品、実はとても遠近感が難しい原画なのですが、土台を工夫し
遠くの街並みとの差を上手に出されていました。
 
 
 
佐々木先生の作品   アトリエIris
 
カラフルでおもわず「かわいい〜♪」と言ってしまった作品。
動物のモチーフの表現がとてもお上手で、私もお勉強させて頂きました。
 
 
 
徳重先生の作品
 
一面のひまわり!ビタミンカラーの黄色がドーンと視界に入ってとても印象的な
作品でした。近くに寄るにつれて、ひまわりが細かくてまたまたびっくり。
見ているだけで元気になってくる作品でした。
 
 
 
 
雅予先生の作品
 
お花の細かさは当たり前、詳細にとことん追求して作られた作品です。
シャドーボックスの醍醐味。
みずみずしいお花の表現には見とれるばかりでした。
 
 
 
このほか素晴らしい作品が出展されていて、技術が回を重ねる程
高くなっているなと実感しました。
 
Chiekoもますます精進して、またこの大きな作品展に出展できるように
頑張っていきたいと思います。