2013年3月31日日曜日

イースター祭



春のおと連れを感じさせる風物詩となっているイースター祭。
やっぱりパステルカラーが似合いますね。
3月31日の東京は気温9度......。
冬に戻ってしまったのではないかしら?という寒い日です。
日本ではイースター祭は一般的ではありませんが、
キリスト教を主体としている国や地域では、お祝いの行事があるんですよ。

「十字架に掛けられ人々の罪を背負って天に召されたイエス・キリストが死後復活した日」
それをお祝いする日とされています。

アメリカにいた当時ボランティアで子供達の為に沢山
写真のようなイースターエッグを作った事を思い出します。
懐かしい~。って思う方多いのではないでしょうか?
卵はエッグハントと言って、子供達が卵を探す遊びに使います。(行事)



お気に入り:マーサスチュワートショーから

本当の復活祭はとっても厳粛で厳かな内容なのですが
私としては、こんなおしゃれな、おもてなしをされたら嬉しい~♪

Good Day!



2013年3月20日水曜日

制作日記- God Bless The Master ③


今日は春分の日、昼は小春日和の穏やかな日差しに桜のお花も
かなり開いたのではないかしら。でも午後は風が強くなってあらら雨.....。
春っていつもこんな感じです。

図録に載せる為に作っている作品。
面倒な所が残ります.....。とっても細かい所ばかり、でも作らないと完成しませんし。
この頃制作がトーンダウンしていたのでこの辺で決めましょう!


3段目のサークルのデコレーションです。
ここは文字と周りの細い枠をカットします、ここは一番目立つパーツ
なので元気があるときに作ろうと、先のばしにしていました。
緊張して体ががちがちになるのでカッターが上手くすべってくれなくて。
特にカーブする文字。気に入らないカットばかりで
「私って下手くそ~(泣き)」

もっと小さな文字をカットする先生方は沢山いらっしゃるのに
この程度でしょげていては先が長いですよ。
日々レッスン何事も経験ですこればかりは。
と自分に元気づけながら。


頑張ってひと通りデコレーションができました。
各パーツに艶出しスプレーをして、さぁ楽しい楽しいビーズを使った
デコレーション作業にやっとやっと入りました♪
立体感と動きがより表現できるように工夫して貼り付けをしています。

ピンクのお花がどんどん生き生きとしてくるのが楽しい!
外から見える桜より可愛い~。

額屋さんにフレームを選らびにいきましょう。
そしたらもっと気分が上がること間違えなし!


2013年3月17日日曜日

生徒さんの制作日記

寒い寒い日々でしたが、急に暖かくなりましたね。
今日はシャドーボックス教室でした。
教室に行く途中大きな白木蓮の花が綺麗に咲いていました。
あっ今年も綺麗に咲いている。
もう5年この白木蓮の花を見ています。
オフホワイトの可憐な花に私は心惹かれます。





Suzukiさんの作品です。

ご友人が二子の子様をご出産したので
出産祝いのプレゼントをつくりました。
Suzukiさんが大好きなCoCoっちゃんの絵。
Ryoさんの絵は私も大ファンです!

こうの鳥がびゅんびゅん飛ばして赤ちゃんをママに届ける
動きを表現してみました。
とても可愛らしくできましたね。
カードで厚い紙でしたがカットも綺麗にできました。
ご友人とても喜んで下さる事でしょう。



Hagiwaraさんの作品

お嬢様へ差し上げる結婚式のウエルカムボードの制作をしています。
マットはシルク素材を使ったもので若草色がとても初々しいですね。
カトレアにデイジーを沿えました。

額入れの時に空間を調整できるようにお花を作っています。
ご自身でカリグラフィーで文字も書くことになっているんですよ。
だんだんできてきました。あと少し頑張りましょう!
額もとても素敵な竿を選びました。額入れが楽しみですね。

今日はお疲れ様でした。


2013年3月6日水曜日

シャドーボックス -お花が咲きました-


God Bless The Master

お花が咲きました!
ただ今、楽しく作っている作品のパーツです。
壊れないように箱に入れておいたのですが、
ビタミンカラーに元気が出ませんか?

Let's Cheer up!



こんな色にお外が染まるのも後少しです。

この作品とても楽しく作れているので、パーツの表情も輝いてます。


2013年3月5日火曜日

生徒さんの制作日記

生徒さんの制作日記です。

Gustav Klimtの「水蛇」を制作中のSuzukiさんの作品。
随分できてきましたね。
今回は艶出しスプレー加工を終わらせ。
最後のデコレーションをしています。


『横顔のラインがとても上手く表現できました♪』
生徒さんが嬉しそうに話してくれました。
本当に優しくて、柔らかい表情になっていますね。
そればかりか、肩から肩甲骨のラインも綺麗!
背中の裏にはワイヤーを貼っています。



教室では、モデラー使いの重要さを生徒さんへ教えています。
作品の良し悪しも、モデラーしだいと言って良いでしょう。
この頃つくづくそう思う私です。