2012年4月29日日曜日

新緑が目にしみる。


桜が散ってしまい寂しいな.......と思っている間に
こーんなに葉っぱをつけていました。
玄関のドアを開けるとこの景色が目に飛び込んできました。
朝の光を浴びて輝く新緑。
ちょっと湿った土の匂いや若葉の匂いが心地良いです。

私はこの季節がもっとも好きな季節です。
なんだかウキウキしませんか?

連休2日目お出かけしたくなりますね!
私はシャドーボックス教室がありますので行ってきます♪
今日は体験の方2名いらっしゃします。

トライアルレッスン ~生徒さんの作品~


連休1日目は初夏のようなお天気でしたね。新緑も綺麗でまたみずみずしてくて
私が一番好きな季節です。

体験レッスンを受講してくださったTomokoさんの作品です。
シャドーボックスはご存知ないということで「どんなものなのか?作ってみたい。」
といらっしゃいました。

初めてクラフトナイフをお使いになる方が多いので絵をカットする時間が少々かかりますので
簡単な絵になってしまいますが、立体になっていく様子はしっかり体感していただきました。

Tomokoさんは「気分が明るくなるようなポップな絵を作りたい。」
なるほど.....ご希望の作品ができるようご指導します。

ご参加ありがとうございました。

2012年4月23日月曜日

素敵なシャドーボックス作品展でした。


国際フォーラムで開催されたシャドーボックス展
2年前から企画された大変大掛かりな作品展でした。
ご参加なさった先生方お疲れ様でした。
レベルの高い作品を見て、ため息と共に、お勉強させて頂きました。
素敵な作品ばかりでご全て紹介できないのが残念ですが.......写真にまとめました。

常に進化しつつあるシャドーボックスという芸術。そう可能性を秘めた芸術。
連日会場にいらした先生達がおっしゃいました。
『疲れてるけど、元気!』
このパワーが、進化の源なのですね、素敵でしょう?

その中で活動できる事に喜びを感じる。
『chiekoさん感じているだけなくしっかり頑張りなさい』と言われそうですが(汗)

来年は大阪で開催との事です。
先輩先生のお力をおかりしながら、私も挑戦してみようと思います。

会場で快くお話してくださった先生方、ありがとうございました。






2012年4月20日金曜日

Shadow Box Art Exhibition in Japan 開催中


丸の内 国際フォーラム ロビーギャラリーにて
Shadow box Art Exhibition in Japan 開催中です。
4月22日(日)まで。

自然の光がたっぷり入る大空間に総勢200名の作品が展示されています。
シャドーボックスの世界を是非ご覧になってください。


職場が会場に近かったので、昼休みを使っていってきましたが、時間が足りない~!
明日もっとゆっくり見に行ってきます。
本当に素晴らしい作品ばかり。お勉強になりますし、多くの先生方と交流ができるのも嬉しいですね。今日お話をした、関口先生(お写真)は教室でブースを作り参加なさっていました。
空気感が凛としてとても素敵。フレームもお洒落で洗練された作品が並びます。
先生は『こういう大きな作品展はショーなので、華やかさ大胆さも大切。』とおっしゃいました。
なるほど、『It's show time!』ですね。

2012年4月16日月曜日

Shadow Box Exhibition in Japan 2012 ~国際フォーラム~


Shadow Box Exhibition in Japan 2012展
  

日時:2012.04.18( Wen) - 22(Sun)
10:00 - 18:00 (最終日 17:00 )

シャドーボックスの世界を是非ご覧下さい。

2012年4月15日日曜日

『Not Simple』二人展 ~飯田哲夫&Shiori~



2012.04.10 - 22(Sun)

            シャドーボックス教室が終わった後、同会場で飯田哲夫さんとShioriさんの二人展をみて           きました。現代アートとして表現がとても興味深い二人なので同時に見れるなんてとても嬉               しい!コンセプトであるNot Simpleに込められてディテールはそれぞれ。
              楽しませていただきました。


心、感情、思惑。
どれをとっても、全く以ってシンプルではない。
たとえば、ある観客にとって「青」はとてつもなく美しい。
そしてある観客にとっては深く憂鬱な悲しみの色である。
人の織り成すものは全て、複雑である。

私のブログではおなじみの飯田さんの作品です。色の重なり合いから表現される独特な空間はいつ見ても素敵です。上文が飯田さんのコンセプト、人の感情とは確かに多様で複雑。




Shioriさんの作品です。以前作品展で見た時から、この独特で複雑な色合い(微妙なグラデーション)が素敵だなって思ってました。
コンセプトは『想いを寄せたものへの気持ちそのものの空気感を、はかなく消えてしまいそうなドットが集まった り散っていったりする様にして表現している』そうです。
感情の狭間という空間,,,,正にNot Simple.....

Shioriさんは透明感をとても大事にされていて、作品もドットが本当に透明に重なりあってました。
いつも思うのですがアーティストさんが大事にしている事な何か聞いて見ると。
『新しいものを沢山見て何でも受け入れてみれるように心を開ける状態にすることかな。』と言ってました。
何より『楽しむ事』これが一番ですね。また素敵な作品見せてください。楽しみにしています。